未使用の日用品など約1万点

開発ビルでチャリティーバザー始まる/豊橋

2021/05/15

 豊橋市駅前大通の開発ビルで14日から3日間の日程で、チャリティーバザーが始まった。各日午前10時~午後4時まで。

 駅前再開発に伴う今夏の閉館を前にした「お別れイベント」の一環。豊橋善意銀行の運営で、自治会が集めたり企業から寄付されたりした基本的に未使用の日用品など約1万点が、定価の半額程度で販売される。

 開場前に行列ができるなど初日から大勢の買い物客が訪れ、バッグや衣類、タオル、洗剤、調味料などを買い物かごに次々と入れていた。

 豊橋善銀の瀬川照明さんは、消毒の徹底やソーシャルディスタンスの確保など新型コロナウイルス対策を万全に取っているとして「安心してお越しください」と話している。

2021/05/15 のニュース

買い物客でにぎわうチャリティーバザーの会場(開発ビルで)

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.