コロナ禍の人の心に光灯す

豊川の書道家・夏目珠翠さん/24日までわたなべ珈琲店で個展/独自の「藍染め書」など30点

2021/05/15

 豊川市一宮町の書道家、夏目珠翠(しゅすい)さん(27)による初の個展「夜明け」は市内小田渕町のわたなべ珈琲店で開かれている。新型コロナで鬱屈(うっくつ)した人々の心に光を灯(とも)すような書道アートが並んでいる。24日まで。

 作品は大小合わせて約30点。優、和、嬉、愛など、夏目さんがインスピレーションで書いた一文字や言葉をはじめ、大好きだというブルーにこだわって夏目さんが生み出したという、藍染めの染料を筆に付けて和紙に文字を書いた「藍染め書」を出品した。この手法では、鮮やかな青色を出すために作品を書いたあとに和紙を洗う必要があり、紙の耐久性を保つために試行錯誤を繰り返したという。

 また、宇宙の夜明けを表現した円相の作品を購入した人からは「円は竜。とてもエネルギーを感じる」と言われたという。夏目さんは「作品を見た人が少しでも幸せを感じてもらえれば」と笑顔で話した。

 水、土の午後1時~5時頃まで作家在廊予定。

2021/05/15 のニュース

円相の作品を紹介する夏目さん(わたなべ珈琲店で)

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.