出店攻勢で増収増益

物語コーポレーションの連結業績

2021/05/15

 焼肉、ラーメンなどの外食チェーンを展開する物語コーポレーション(豊橋市西岩田、加藤央之社長)はこのほど、2021年6月期第3四半期(2021年7月~21年3月末)の連結業績を発表した。新型コロナウイルス感染症が拡大する中でも、積極的な出店攻勢により増収増益となった。

 連結経営成績は、売上高501億1000万円(前年同期比1・6%増)、営業利益34億5100万円(同6・3%減)、経常利益46億2000万円(同24・7%増)、当期純利益29億3400万円(同57・5%増)だった。

 店舗展開は、「焼肉きんぐ」と「丸源ラーメン」を中心に直営30店、フランチャイズ10店、海外3店を新たに出店。海外を含めたチェーン全体の店舗数は、合計572(直営333、フランチャイズ226、海外13)店になった。

 今期の業績見通しに修正はなく、売上高678億2200万円(前年度比17・0%増)、営業利益40億2100万円(同32・5%増)、経常利益44億6000万円(同47・2%増)、当期純利益28億6000万円(同526・1%増)を見込んでいる。期末配当は35円を予想。

2021/05/15 のニュース

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.