4事業者の6品認定

渥美半島たはらブランド/市長が認定書授与

2022/08/06

渥美半島たはらブランドに認定された商品を手にする事業者の皆さん

 田原市は4日、渥美半島たはらブランドとして、新たにクラフトビールや農産物など4事業者の6品を認定した。山下政良市長が、それぞれの代表者に認定書を手渡した。

 市内の法人、個人事業主から募り、田原らしさ、安全性などを審査、地域特性を生かした優れた産品などを同ブランドに認定している。2016年度から始め、今回で140品となった。

 12回目の認定審査会で選ばれたのは、G・ファームのクラフトビール「THE PIG,S PEARL PAPAYA IPA(ピグス パール パパイヤ アイピーエー」、お陽様農園のアールスメロン、宿福の角上楼謹製「おさかなフレーク『朧海(おぼろみ)』」「釜炊きしらす」「生のりの佃煮」、渥美半島とまとランドのミ二トマト「あつみちゃんトマト」。

 クラフトビールは、循環型農業で自家栽培しているパパイヤのしぼり果汁を使って開発され、フルーティーな味わいが特徴。お陽様農園のアールスメロンは、イチゴに続いて認定され丁寧に大事に育てられた一品。タイを使った「おさかなフレーク『朧海』」など3品は、いずれも地元で揚がった水産物を使用している。あつみちゃんトマトは、甘みと酸味のバランスが良いミニトマト。

 式で、山下市長は「渥美半島たはらブランドを市外に持っていくと喜んでもらえる。今後もブランド品を作っていただき、私たちはどしどしPRしていきます」とあいさつした。

 認定品は「たはらブランド」として売り出せるほか、ふるさと納税の返礼品として活用されたり、市のホームページなどで紹介されたりする。

2022/08/06 のニュース

渥美半島たはらブランドに認定された商品を手にする事業者の皆さん

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.