代表チーム一員で優勝に貢献

中学生「MCYSA全米選手権大会」/豊橋東リトルシニアの伊藤選手が喜びの報告

2022/08/25

ガッツポーズの伊藤選手と山西教育長(豊橋市役所で)

 米国で開催された野球の「MCYSA全米選手権大会」で、リトル・シニア日本代表が優勝した。代表チームの一員として出場した豊橋東リトルシニアの伊藤亮馬選手(14)が23日、豊橋市役所を訪れ、山西正泰教育長に喜びを報告した。

 大会は7月に米イリノイ州クリスタルレイク市で行われた。日本代表は予選、決勝リーグを通じて全勝した。

 大会を振り返る中で、何度もチームメイトへの感謝の言葉を口にした伊藤選手。最も印象に残った場面に、米国代表と対戦した決勝でスクイズを決めたシーンを挙げた。先制点につながり優勝に貢献。「何としてもランナーを返そうという一心だった」と語った。

 初の海外遠征で、現地滞在中はホームステイをした。「なかなかできない経験ができて良かった」と感想を話した。

 披露された優勝トロフィーと盾を前に、山西教育長は「良い『土産』を持ってきてくれた」とたたえ、「将来が楽しみ。これからも頑張って」とエールを送った。

2022/08/25 のニュース

ガッツポーズの伊藤選手と山西教育長(豊橋市役所で)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.