社会人の心構えなど伝える

大学生24人インターンシップ研修/蒲郡信金

2017/08/10

 蒲郡信用金庫(竹田知史理事長)は8日から、蒲郡市元町の同金庫本店などで、大学生を対象とした研修会を開いている。再来年に就職を控える大学3年生24人に、同金庫の業務内容や、社会人としての心構えなどを伝えている。

 参加した大学生は、本店で同金庫の特徴などを学び、各営業店では仕事を体験。営業活動にも同行して、15日までの計5日間、同金庫の特色などを知って就職活動に役立てていく。

 同金庫は毎年、大学生を対象としたインターンシップ研修を開催。今年は主に県内の大学から、男性10人。女性14人が参加した。金庫職員がマナー講座の講師を務めて、社会人としての振る舞いなどを指導。最終日の15日は、大学生と金庫職員が話し合う場も設けて、金融機関の仕事などを伝える。

2017/08/10 のニュース

社会人としてマナーなどを学ぶ大学生(蒲郡信用金庫提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.