蒲郡が最後の1枠奪取

秋季東三河地区高校野球2次T進出

2017/08/19

 来春の第90回選抜高校野球大会(センバツ)代表校推薦につながる秋季東三河地区高校野球大会1次リーグ戦は18日、Cゾーンの3位決定戦が行われ、蒲郡が1勝1分けで三つ巴(どもえ)の接戦を制し、2次トーナメント進出を勝ち取った。

 今大会は、1次リーグの各1位校が県大会出場権を獲得。2、3位校が2次Tを戦い、残り3枠の県切符を争う。

 Cゾーンは、蒲郡と三谷水産、新城が2勝3敗で並び3位決定戦が行われた。

 蒲郡は、初戦で三谷水産に競り勝ち、最終戦を0―0で引き分け、2次T最後の1枠を手にした。

 2次Tは19日から実施。23日に豊橋市営球場で最終戦が行われ、東三河予選優勝校と県大会出場校が決定する。

結果は次の通り

【豊橋市営球場】
 三谷水産5―4新城
 蒲郡6―5三谷水産
 蒲郡0―0新城

2017/08/19 のニュース

蒲郡×三谷水産の試合は1点を争う接戦となった(豊橋市営球場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.