医師の仕事・魅力に触れる

豊橋市民病院で高校生1日体験

2017/08/19

 豊橋市民病院(豊橋市青竹町)で18日、高校生を対象にした医師の1日体験があった。参加した生徒たちは将来、医療現場で働くことに夢を膨らませた。

 医師の仕事の魅力を伝え、東三河地域の医療を支える人材を育てる目的で始まり3年目。希望者を募り、桜丘3人、時習館1人、豊丘1人が参加した。

 5人は白衣を身にまとい、緊張した面持ちで医局や検査のための部屋、ドクターカーなどを見学。人型のシミュレーターに聴診器を当てる体験もした。

 臨床研修制度を初めて知ったという女子生徒の1人は「医師になるためにいくつも段階があることに驚いたけど、ワクワクした」と感想を話した。医療のプロフェッショナルの仕事を間近に見て、あらためて「医師になりがいがあると思った」と目を輝かせた。

2017/08/19 のニュース

聴診器を使って医師の仕事を体験する高校生(豊橋市民病院で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.