厳しいピッチ 勝利目指す

サーラカップ2017西三河予選/上位4チームが決勝大会へ

2017/09/18

 選手たちが台風を吹き飛ばす熱戦を繰り広げた―。サーラカップ2017西三河予選は16日、碧南市2号地多目的グラウンドで行われ、グランパスみよしが1位、名古屋グランパスU10と豊田AFC、モンキーズSCの上位4チームが決勝大会の出場権を獲得した。愛知県サッカー協会西三河地区協会主催、サーラグループ特別協賛。

 今大会には37チームが参加、4月1日から6ブロックに分かれ予選リーグを実施。各予選の上位2位チーム(12チーム)が、4つのリーグ戦で決勝大会の出場権を争った。

 台風接近により開会式前から雨が降り出し、終了まで激しく降り続いた。ピッチには水たまりができボールは止まり、足をとられ転倒する選手もいたが、各チームとも一生懸命にボールを追って最後まで勝利を目指した。

 大会2日目は中止となり、各リーグの1位チームが決勝大会出場を手にした。

2017/09/18 のニュース

グランパスみよしが2連勝で1位突破を決めた(碧南市2号地多目的グラウンドで)

モンキーズSCは必死に戦い接戦を勝ち抜いた

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.