生演奏に感激 目輝く

木管五重奏「レ ヴァン ジャポネ」/作手中学校で特別授業

2017/09/29

 「公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業愛知セッション」が新城市作手地区で27日~30日まで開催されている。最終日の30日には、午後2時からつくで交流館で木管五重奏「レ ヴァン ジャポネ」のコンサートが開かれる。

 同事業は、文化に触れる機会の少ない人のもとへ出張する「アウトリーチ(手を伸ばす)」という方法で、クラシック音楽の若手音楽家が小中学校や公共ホールに出向くというプログラム。最初の3日間は、作手小・中学校で6回のミニコンサートを含む特別授業を実施する。

 28日午前に行われた作手中2年の特別授業では、「レ ヴァン ジャポネ」メンバーの川越あさみさん(クラリネット)、山内信英さん(フルート)、久保一麻さん(オーボエ)、竹下未来菜さん(ファゴット)、加治佑子さん(ホルン)の5人が木管楽器の音色や特徴を楽しく伝え、木管五重奏曲などを目の前で演奏。生徒らは本物の演奏や音色に目を輝かせていた。

 自身もピアノを弾くという加藤優一君(13)は「キラキラ星変奏曲では短調を組み入れリズムを変えていておもしろかった。大きな会場でやるコンサートがどんな演奏になるか楽しみ」と話した。

2017/09/29 のニュース

目の前での演奏に感激の特別授業(新城市の作手中学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.