山脇市長に喜び報告

ねんりんピック出場、チーム「東三河産」の4選手

2017/09/29

 ねんりんピック秋田2017(秋田県仙北市、9日~12日)の「ウォークラリー種目・高齢者の部」に愛知県代表で出場した地元のチーム「東三河産」(とうさんかあさん)はコース別で3位入賞を果たした。メンバー5人のうち豊川市内の選手4人が28日、市役所で山脇実市長に喜びの報告をした。

2年連続3位入賞/活躍の佐々木さんら

 訪れたのは佐々木猛さん(80)、霜島紘一郎さん(78)、堀内八重子さん(69)、権田珠樹さん(63)。大会には豊橋市の河合孝夫さん(78)と合わせて5人で出場し、昨年に続いて3位入賞を果たした。

 競技は、コース図に従って課題を解決しながら、ゴールを目指し、設定時間とゴール時間の差による時間得点と課題得点の合計で競うというもので、全体で40チームが出場した。

 山脇市長は「大活躍でしたね」とねぎらい、佐々木代表は「力を出し合ったチームワークのたまもの。できればもっと上位だったら良かった。次は慎重にやりたい」と話した。

2017/09/29 のニュース

報告に訪れたメンバーたち(豊川市役所で)

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.