バイオマス利活用センター本格稼働

国内最大規模の発電所/竣工式で豊橋市長ら門出祝う/「ごみから資源へ」日本のスタンダード目指し

2017/10/02

 生物由来資源(バイオマス)で発電などをする豊橋市神野新田町のバイオマス利活用センターが、半年間の試運転を経て1日、本格稼働を始めた。これに合わせて市は竣工(しゅんこう)式を開き、国内最大規模となる施設の門出を祝った。 竣工式には国や県、市...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/10/02 のニュース

下水汚泥や生ごみをメタン発酵させる発酵槽(豊橋市バイオマス利活用センターで)

竣工式でのテープカット(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.