来月6日にオープン

新店舗の完成を祝う/6、7日「新築移転オープン感謝デー」/蒲郡信金大清水支店―2支店を統合・移転

2017/10/31

 11月6日に新築移転オープンを迎える蒲郡信用金庫大清水支店は30日、新店舗完成を祝う竣工式と内覧会、披露パーティーを開いた。竹田知史同金庫理事長をはじめ金庫役員や顧客親睦団体「がましん大清水愛信会」の市川弘三会長ら会員、設計、施工関係者、大清水校区自治会役員らが出席した。

 同支店は、大清水町内にあった旧支店と南大清水支店(南大清水町)を統合し、新たに大清水町字元町に新設。土地面積は1938平方メートル、建物は鉄骨造2階建てで、面積は1階が473平方メートル、2階は269平方メートル。44台分の駐車スペースがある。

 広い店内は、通常窓口のほかにローカウンターを4席設置。車椅子でも利用できるATM4台、両替機1台、全自動貸金庫189個、多目的トイレを備える。また、より地域住民に開かれた金庫をと、2階にある会議室は金庫の営業日以外にも使用できるようにした。

 竣工式では、神事が厳かに執り行われ、内覧会にも多くの人が訪れた。続く披露パーティーで竹田理事長は「豊橋南部地区の基幹支店として利便性良くご利用していただきたい」とあいさつした。

 旧支店から引き続き新店舗を任された白井良幸支店長は、「2つの支店の移転統合を機に、より大清水地域の皆さまとの結びつきを強くするとともに、新たなお客様を取り込みたい。職員一同、原点回帰して精いっぱい励みたい」と、意気込む。

 11月6・7両日は「新築移転オープン感謝デー」を実施する。日替わり抽選会や来店プレゼントなどを企画している。

 ATM稼働は、旧大清水支店は3日まで、南大清水支店は5日まで。

2017/10/31 のニュース

新築移転した蒲郡信用金庫大清水支店

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.