膵臓がん早期診断治療へ期待

豊橋市/病診連携プロジェクト発足

2017/11/08

 早期発見が難しく、治療後の経過もよくない膵臓(すいぞう)がん。そんな状況を改善しようと、膵臓がんの疑いがある人をかかりつけ医が見つけて地域の中核病院で専門医が診断するプロジェクトが豊橋市で発足した。病診連携による早期診断・治療に期待がかか...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/11/08 のニュース

多くの医療関係者が出席した講演会(ホテルアソシア豊橋で)

講演する花田敬士医師(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.