球団の目指す姿を語る

フェニックス・浜武恭生社長/豊橋南LC

2017/11/08

 豊橋南ライオンズクラブ(山内壱仁会長)は7日、ホテルアークリッシュ豊橋で例会を開いた。フェニックスの浜武恭生社長を迎えてスピーチを聴講した。

 豊橋市に本拠地をおく男子プロバスケットボール「三遠ネオフェニックス」について、球団がめざしている「まちと一体化したチームづくり」について説明し、理解と協力を求めた。

 「新アリーナ構想」では、試合会場となるアリーナを、フェニックスの試合はもちろん、活気あるまちづくりのための要所とすることや、より多くの人にホームゲームを楽しんでもらうための工夫、出前講座などチームの積極的な地域イベントへの参加、地域の子どもたちのためのスポーツ教育の推進、市との連携強化など、具体的な取り組みも紹介。会員は熱心に耳を傾けた。

 同日、新会員の入会式も開催。加藤高義氏(加藤金物代表取締役)、丹羽洋章氏(愛知県議会議員)を含む3人が新たに迎え入れられた。

2017/11/08 のニュース

スピーチする浜武社長

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.