「生き方に役立てて」

原田滋子さんが新年を占う/参加者200人超―九星術を学ぶ

2017/12/08

 「しあわせの道しるべ」を主宰する原田滋子さんの迎春特別講座「気学(九星術)で新年を占う」が7日、豊橋市花田町のホテルアソシア豊橋で開かれ、200人以上が会場を満席にした。

 講義と昼食・招福吉祥御膳を楽しむ会として開かれた。講義では運勢、方位、吉凶などを占う九星術について学び、生まれ年によって異なる運勢に、熱心に耳を傾けた。

 2018年は九紫火星中宮の戉戌の年で、円熟の時でも驕(おご)らず力を蓄え、未来に伝え残す英知と継続する力が必要な年になりそうだとし、それぞれにどのように過ごしたらよいかを講義。ラッキーカラーは赤と紫など、しあわせの道しるべとなるラッキーアイテムなどもあげた。

 原田滋子さんは「占いの気学は、自然哲学。どうやってうまく生きていったらいいか、生き方として役立てていただければありがたい」と話した。

 最後に良寛の「花無心招蝶(花は無心にして蝶を招く)」を引用して、自然の姿をありのままに見せていくことの大切を説き、「笑顔で前を向いて歩いていくことを忘れずに」と話した。

2017/12/08 のニュース

来年の情勢や1年の過ごし方について話す原田滋子さん

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.