親子で演奏 聴き入る

むさしの会/豊川・プラネタリウムドームで ファミリーコンサート

2017/12/24

 豊川市中央図書館に併設する豊川市ジオスペース館のプラネタリウムドームで23日、むさしの会ファミリーコンサートが行われ、85人の親子が音楽でつづるクリスマス物語に聴き入った。

 同会は、東三河在住の武蔵野音楽大学の卒業生の会で、年2回ジオスペース館でコンサートを行っている。メンバーは、それぞれに活躍するソリストで、ボランティアで参加。

 今回は、長く読み継がれている絵本「ちいさなもみのき」をサウンドストーリーで披露。来場者は静寂な雰囲気のなかで、もみの木と男の子とのふれあいを音楽とともに楽しんだ。続けて、ドーム天井に映し出された冬の星空を見ながら、プラネタリウムのスタッフによる「冬の星の話」を聞き、さらにハンドベルを体験。全員で「赤鼻のトナカイ」を演奏した。

 同コンサートは、こども未来館ここにこ(豊橋市)で、今日午前11時からも行われる。

2017/12/24 のニュース

ハンドベルやリコーダーを使って演奏するむさしの会のメンバー(豊川市ジオスペース館プラネタリウムドームで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.