動物とふれあい一緒に楽しむ

新城で子育て交流座談会

2017/12/27

 新城市千郷東こども園と西部公民館で26日、未就学児と保護者を対象とした子育て交流講座(同こども園保護者会主催)が開催された。

 同講座は、同市千郷自治区の交流の少ない子育て世代のための講座で、市の活動交付金を受け同地区では初開催。親子15組40人ほどが参加した。

 こども園(竹下朱美園長)では移動動物園が開かれ、ヤギやウサギ、メンフクロウ、トカゲなど20種の動物が公開され、園児らとともに動物とのふれあいを楽しんだ。動物を通して親同士の会話も弾んだ。

 その後場所を公民館に移し、市民が相互に助け合うファミリーサポートセンターによるバルーンショーやセンター紹介などがあった。最後に、2グループに分かれ、子どもをもつ喜びや日ごろの子育ての不安や悩みを互いに語り合った。「上の子が遊んでくれるようになり助かる」「叱り方が難しい」など様々な話があり、終始和やかな雰囲気だった。

 杉山の老平友里恵さん(30)は「こういう機会はあまりないのでとてもよかった。動物とのふれあいも一緒に楽しめた」と笑顔で話した。

 保護者会の竹下安由見会長は「園児たちも一緒に動物とふれあえてよかった。座談会ではちょっとした悩みも話してくれ、安心できたのではないか。お母さん方の笑顔がうれしかった」とほっとした表情で語った。

2017/12/27 のニュース

和やかな雰囲気の座談会(新城市西部公民館で)

動物とのふれあい(新城市千郷東こども園で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.