伝統的な行事 親子で作業

高豊地区市民館で家庭教育セミナー「春の七草寄せ植え教室」

2017/12/27

 豊橋市高豊地区市民館で26日、家庭教育セミナー「春の七草寄せ植え教室」が開かれた。親子ら32人が参加し、ナズナやゴギョウ、ホトケノザなど七草の寄せ植えを1時間あまりで仕上げた。

 講師の伴野剛三さん(72)は、日本の食文化の大切な伝統的な行事を知ってほしいと、七草の歴史からひもとき、寄せ植えの注意点を説明した。用意された七草や鉢、植え込み方などを使って作り上げた。

 一昨年も参加した栄小6年の柴田紗季さんは「2度目なので少しはうまくいったと思う」と話し、見た目がこんもりと格好良くなるように、大根を中心にして整えていった。

 伴野さんは「できた作品は家に持ち帰って、正月七日の七草粥(がゆ)で食べていただければ」と話していた。

2017/12/27 のニュース

春の七草の寄せ植えを楽しむ参加者(豊橋市高豊地区市民館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.