今年も大盛況 熱演に歓声

伝統芸能の設楽町田峯観音奉納歌舞伎/「多くの来場者に感謝、地域みんなで継承」

2018/02/13

 奥三河地域の伝統芸能・設楽町田峯観音奉納歌舞伎は12日、同町田峯にある谷高山高勝寺の境内で行われ、地元有志で構成する谷高座と同町内の子どもたちが全5幕を熱演。県内外から大勢の観光客が見物に訪れ、立ち見も出る満員の客席から大きな歓声と拍手、おひねりが飛ぶ盛況となった。

 350年以上の歴史を持つ奉納歌舞伎は、承応3(1654)年の日光寺再建が発端、以後は毎年2月に高勝寺で上演され幅広い年代から好評を博している。

 前日の国指定無形民俗文化財・田楽祭に続き、この日は歌舞伎を守り続ける谷高座を中心に地元の子どもたちがおしろいできれいに化粧し、華やかな衣装を身にまとって熱演した。

 今年は、第1幕で寿浄瑠璃三番叟を上演。第2幕は子どもたちが拍手とともに入場し、青砥稿花紅彩絵・弁天娘女男白浪を見事に演じた。

 第3幕では、源義経と武蔵坊弁慶を描いた人気の物語・勧進帳で客席から大きな歓声が上がった。絵本太閤記十段目・尼崎閑居の場と子ども歌舞伎の義経千本桜・吉野山・道行初音旅も行われた。

 同町観光協会の遠山美由紀さんは「多くの来場者に感謝している。地域みんなで伝統を受け継いでいきたい」と話した。

2018/02/13 のニュース

地元の子どもたちが華やかな衣装を着飾り歌舞伎を熱演(設楽町田峯で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.