山西教育長がエール送る

「神野新田物語」の稽古場/出演の子役たち「やる気出す」

2018/07/23

 三河湾沿いの神野新田の開発の歴史を描く群像劇「神野新田物語」の稽古場を22日、豊橋市教育委員会の山西正泰教育長が訪れ、子役たちを激励した。

 市民団体「ひとすじの会」が主催し12月22、23両日に穂の国とよはし芸術劇場プラットで上演する市民劇には、豊橋、新城両市の小学生を中心に12人の子役が出演する。

 この日、豊橋市前田南町の公民館で稽古に励む子役たちを、山西教育長は温かい目で見守った。ひたむきな稽古ぶりを目の当たりにし、稽古後に思わず「遊びたいと思わない?」と問いかけたのに対し、同市二川南小4年の富田圭亮君(9)は「いいえ」ときっぱり。山西教育長は笑顔で全員に「頑張るんだよ」とエールを送った。

 富田君は「教育長に励まされ、本番に向けてやる気が出てきた」と目を輝かせた。

2018/07/23 のニュース

子役たちを激励する山西教育長(左端)=豊橋市の前田南町公民館で

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.