太陽光パネル設置が濃厚に

設楽原決戦場跡の発電計画、事業者と八束穂区が協定合意/新城

2024/04/16

立ち木の手前が太陽光発電の計画地。奥に馬防柵が見える(14日、新城市で)

 新城市の設楽原決戦場跡で持ち上がった太陽光発電計画をめぐり、事業者のエクソル(京都市)と地元の八束穂区が、事業実施の条件をまとめた協定に合意したことが15日、分かった。同社が環境保全などへの配慮を約束し、地域の了解を得た格好だ。反対の声も...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2024/04/16 のニュース

立ち木の手前が太陽光発電の計画地。奥に馬防柵が見える(14日、新城市で)

太陽光パネル設置のイメージ図(エクソルの資料より)

有料会員募集

今日の誌面

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP