桜花賞3点目を引く

中部日本書道会東三河支部の展覧会

2024/07/10

多彩な作品が並ぶ会場(豊橋市美術博物館で)

 東三河の書家・書道愛好家でつくる中部日本書道会東三河支部の展覧会が14日まで豊橋市今橋町の市美術博物館で開催されている。本部からの賛助作品も含め97点が展示されている。

 今年度の中日書道展で桜花賞を受賞した漢字とかなの作品3点が目を引く。漢字部門の柳澤孝子さんは、古い漢詩を薄墨で端正にしたためた。かな部門の三浦玉泉さんと岡田容子さんは、気に入りの和歌数首を、滑らかな線で軽やかに書いた。ほかにも力作ぞろいだ。先ごろ亡くなった、村田華穂さんと権田穂園さんの遺作2点も展示され、関心を集めている。

 14日まで。関係者は「第73回中日書道展で愛知県美術館ギャラリーに展示された作品を飾っている。東三河の方々にもぜひ見てほしい」と話した。

2024/07/10 のニュース

多彩な作品が並ぶ会場(豊橋市美術博物館で)

有料会員募集

今日の誌面

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP