同志社大学と連携

地域課題解決に関する共同研究など/東三河県庁

2024/07/10

江口副知事(右)と足立学部長・研究科長

 東三河県庁は8日、京都市内で同志社大学政策学部・大学院総合政策科学研究科(博士前期課程)と相互の連携・協力に関する協定を結んだ。江口幸雄副知事と足立光生学部長・研究科長が協定書に署名した。協定によって、東三河地域の課題解決に関する共同研究や大学による東三河でのフィールドワーク研究、職員や学生のインターンシップや講義などを相互連携で協力する取り組みが進められる。

 江口副知事は「東三河は多くのポテンシャルを持った地域。地域振興に取り組んできた東三河県庁と、多くの知見を有する大学が連携することで、地域課題に適切に対応し、東三河地域振興に貢献したい」と期待を寄せた。

 足立学部長・研究科長は「蓄えてきた地域活性化への知見を発揮し、専門分野の枠を超えて探究を進め、多様な角度から的確な地域課題を発見し解決に貢献したい」と話した。

 同志社大は、東三河ビジョン協議会の「東三河振興ビジョン2030」(2021年)の策定などにも協力してきた。

 また、東三河県庁は14年に愛知大学豊橋校舎3学部と、23年10月に豊橋創造大学・短期大学部と、同じ12月に豊橋技術科学大学とも連携・協力協定を結んでいる。

2024/07/10 のニュース

江口副知事(右)と足立学部長・研究科長

有料会員募集

今日の誌面

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP