新城ラリー2019開幕

新城高吹奏楽部の演奏や児童が小旗を振り激励

2019/03/16

 国内最大規模の自動車競技大会「新城ラリー2019」(JAF全日本ラリー選手権・第2戦)セレモニアルスタートは15日、新城文化会館はなのき広場で行われ、穂積亮次市長らのスタートフラッグで3日間の熱戦が幕を開けた。

 新城初の春開催となる今大会は、16回目を迎え、会場の県営新城総合公園や鬼久保ふれあい広場では林道ステージに近い独特な雰囲気の中で観戦が楽しめる。

 山々に響きわたるエキゾーストノートや敷地内を颯爽と駆け抜ける姿から、マシンの力強さや迫力が伝わってくる。

 昨年に続き同広場で行われたセレモニアルスタートでは、市内外から数多くの観客や関係者が駆け付け、沿道で歓声を上げて見守る中をド派手なラッピングに包まれたラリーカーが車体を輝かせて駆け抜けた。

 新城高校吹奏楽部による軽快な演奏が披露され、新城小学校の児童が小旗を振り選手を激励した。

 今年は新城総合公園特設コースのスタートとゴールが入れ替わり、例年と異なるタイムアタックを実施する。各カテゴリーで国内最高峰レーサーが優勝を目指し、息詰まる白熱のバトルを展開する。

 前回大会は、2日間で過去最高タイの5万4000人の来場者を動員。

 今年は昨年を上回る集客が期待されている。

2019/03/16 のニュース

ド派手に輝くラリーカーが市内を駆け抜けた(新城文化会館はなのき広場で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.