「春の到来感じて」自信作並ぶ

あすまで小原流豊橋支部東部地区/三の丸会館で作品展

2019/03/16

 生け花の小原流豊橋支部(小笠原晃月支部長)の東部地区による作品展が、豊橋市今橋町の三の丸会館で17日まで開かれている。春の訪れを歓迎するかのように生けられた花々が会場を彩る。

 支部の東部地区の小学生から80代までの幅広い年代の会員37人が出展している。梅やチューリップ、フキノトウ、ゼンマイといった春の花木や個性的な多肉植物などの花材を使い、趣のある花器に生けた自信作がずらりと並ぶ。

 支部では、3つの地区が持ち回りで毎年花展を開いている。出展した支部会員は、「花と向き合う時間を楽しみながら生けています。作品を見て、春の到来を感じてもらえたら」と話している。

2019/03/16 のニュース

春を感じさせる生け花の展示(豊橋市今橋町の三の丸会館で)

有料会員募集

東三河合同企業説明会

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.