玄関に「舞」「夢」など大作並ぶ

教え子には形見や思い出など残す

2019/06/04

加寿子さんの生き方?玄関に入ると「舞」「遊」「夢」の大作が目に飛び込んでくる。「愛」も目につく(豊橋市小松町で)

 河合加寿子さんは書道歴が38年と長い。恩師が書道教室を閉じた後、2011年に現代書人社(東京)北郷支部を設立。毎週2、3回、自宅応接室で教室を開き、知り合いに教えていた。会報の「現代書人」に掲載された「春の花」が最後の作品だった。 レザー...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2019/06/04 のニュース

加寿子さんの生き方?玄関に入ると「舞」「遊」「夢」の大作が目に飛び込んでくる。「愛」も目につく(豊橋市小松町で)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

東三河学生就職NAVIリクルーティング

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.