オンラインでブーケづくり体験

豊川/リモートアレンジ フラワー教室/参加者ら束ね方と美しい仕上げに挑戦

2021/02/23

 豊川市は21日、市内の小中学生を対象とした「リモートアレンジフラワー教室」を開催した。講師の実演を動画投稿サイト「YouTube」でライブ配信。参加者100人は、事前に配送された花と資材を使い、各家庭で映像を見ながら保護者とともにブーケ作りの体験をした。

 講師は、花を贈る習慣を定着させようと業界の有志でつくる「花男子プロジェクト」のパフォーマー・Kennyさん。豊川のブランドに認定されているバラとスプレーマムを中心にガーベラやトルコキキョウ、ドラセナ、カスミソウを利用したラウンド型のミニブーケを作った。

 配信は、HANAイノベーション(豊橋市神野新田町)で実施。花の下準備から束ね方の基本、美しい仕上げ方まで細かく説明した。子どもたちの代表・菅谷心愛(こころ)さん、色花(いろは)さん姉妹とともに、美しい花束をいっしょに作り上げた。

 県の「花の王国あいち県民運動」の一環として企画。定員100人のところに483人から応募があり、抽選で参加者を選んだ。

配信された動画は、YouTubeで見ることができる。

2021/02/23 のニュース

リモートアレンジフラワー教室で花を束ねる子どもたち(豊橋市神野新田町のHANAイノベーションで)

動画が見られるQRコード

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.