町内店舗を小冊子で紹介

設楽町商工会が道の駅開業控え作成

2021/05/08

 設楽町で新しい観光拠点「道の駅したら」が13日に開業するのを前に、設楽町商工会は地元の飲食店や商店を紹介する小冊子を作った。道の駅に寄った観光客に、町内にさまざまな店舗があることを伝え、商業の活性化につなげたい考えだ。

 小冊子には食堂、喫茶店、スーパー、旅館、ガソリンスタンドなど商工会加盟の35軒を掲載した。古民家をアトリエにしたモザイクアートの店や、山の中にある家具工房も紹介している。

 商品、店舗以外に店主らの写真が載り、親しみが持てる内容。お勧めの品が値段付きで書かれていて分かりやすい。

 道の駅や各店舗で配布する。商工会の平松理英さんは「道の駅のお客さんに、こんなお店もあると知ってもらって立ち寄ってもらえれば」と話している。

 道の駅は同町清崎地区の国道257号沿いにオープンする。レストランなどが入るテナント棟は年中無休で営業する。

2021/05/08 のニュース

設楽町商工会が作った小冊子

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.