市職員の自殺で遺族と和解

職場環境改善に務めると発表/豊橋市

2021/06/08

 長時間労働などが原因で自殺したとして、豊橋市役所に勤務していた30代の男性職員の遺族が市に約1億2500万円の損害賠償を求めた訴訟で、市は7日、和解金約9650万円を支払うことで合意したと明らかにした。市議会6月定例会に和解金を盛り込んだ...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/06/08 のニュース

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.