ひとすじの会が稲刈り

昔ながらの手法で開拓時代に思い馳せる

2021/09/06

稲刈りをする参加者(市内大崎町で)

 8月に市民劇「神野新田物語」第2話を上演したNPOひとすじの会(宮下孫太朗理事長)が5日、同市大崎町の水田で稲刈りを行った。出演者やスタッフ30人が参加した。 同会は、芝居を深めるため、昨年・今年と開拓時代の米づくりを実践している。今年も...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/09/06 のニュース

稲刈りをする参加者(市内大崎町で)

有料会員募集

今日の誌面

きらり東三河

吉田城若駒戦2023

高校生のための東三河企業情報サイト

ソースSHOP

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP