新たに11品目加わる

認定式とお披露目会/「渥美半島たはらブランド」

2017/07/29

 田原市は、アオサ粉やスイートポテトなど11品目を、市の地域資源や地域特性を生かした「渥美半島たはらブランド」に認定し、28日に市役所で認定式とお披露目会を開いた。ブランドを全国発信し、地域の経済発展や市の知名度向上につなげたい考え。

 認定は今回で4回目となり、ブランド品は計102品となった。多くは、ふるさと納税の返礼品として活用したり、全国各地への販路拡大を支援したりする。

 山下政良市長は「さらに腕を磨いていってほしい」と期待した。

 1953年から「渥美たくあん」を作ってきたキムラ漬物(田原市高木町)は、今回「みそ漬あつみたくあん」がブランド認定を受けた。木村孝徳社長は「食べやすいようにみそ漬けにした。ブランド全体をPRしていきたい」と意気込みを語った。

2017/07/29 のニュース

ブランド認定を受けた事業者のみなさん

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.