消防体験などにぎわう

しんしろ消防防災フェスタ/高まる市民の意識

2017/09/04

 消防・防災の活動を広く市民に知らせる「しんしろ消防防災フェスタ」(新城市消防本部、同市総務部防災安全課主催)が3日、同市消防防災センターで開催され、多くの市民が防災に関する体験や見学を楽しんだ。

 同フェスタは、同センターが完成した2008年から毎年行っており、今年が10回目。敷地内には、消防体験コーナーや防災・安全コーナー、健康ひろば、市民病院コーナー、警察PRコーナーなどが設けられ、放水、消火、ちびっこチャレンジャー、はしご車搭乗など26余りの体験や見学ができる。県防災ヘリや県警ヘリも屋上ヘリポートに展示された。また、タレントのダニエル・カールさんの防災に関するトークショーや2回目となる若者防災の会「襷」による炊き出しバトル「Bousai・1グランプリ」も行われ、多くの家族連れでにぎわった。

 市内川田の續木智志さん(42)祥代さん(38)夫妻は、息子の心平君(4)と健介君(1)を連れて来場。消火体験が気に入っているという心平君だが、はしご車に乗った後は「こわかった」と表情をこわばらせていた。續木さんは「来年からは下の子もできるようになるので、これからも来たい」と満足気だった。

2017/09/04 のニュース

25メートル級はしご車搭乗体験(新城市消防防災センターで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.