生涯学習の場で成果披露

豊川/とよかわオープンカレッジ&放課後子ども教室が合同発表

2017/09/04

 豊川市民が互いに教える人と学ぶ人になって学びの輪を広げる「とよかわオープンカレッジ」と放課後子ども教室が合同で3日、プリオ(豊川市諏訪3丁目)で、舞台発表会と作品展示による生涯学習成果発表会を開いた。

 舞台発表会では、二胡や雅楽、オカリナなどのカレッジ10講座と、放課後子ども2教室が楽器演奏や踊りなどを発表した。

 作品展示では、木目込み人形、紙バンドクラフト、編み物などの同10講座と、同子ども2教室が手作り作品を発表した。

 雅楽講座の講師を務める近藤泰史さんは、「どの部分に興味を持っていただいてもいい。雅楽を身近に感じてもらえれば」と話した。

 「とよかわオープンカレッジ」は9年目を迎え、約200講座を開講。受講者数は約2500人。生涯学習の場として定着し、地域の人たちが生きがいを見つけるきっかけづくりや交流の場にもなっている。

2017/09/04 のニュース

「気軽に楽しむはじめての雅楽」講座の発表の様子(プリオⅡ4階市民プラザで)

力作が並ぶ作品展示(プリオ4階交流ホールで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.