漂う高級感 色彩も豊かに

12日までクラフトテープ作家の竹本さんら/太陽住宅豊川営業所でかご展

2017/09/07

 豊川市為当町のクラフトテープ作家、竹本弥生さん(61)と生徒による「かご展」は7日、同市西香ノ木町の太陽住宅豊川営業所2階フリースペースで始まる。12日まで。

 竹本さんは8年ほど前から、竹や籐で編む手法を使い、古紙からできたクラフトテープでかごやバッグを制作する教室を開いている。

 会場には生徒7人と竹本さんが作った作品約90点を展示販売。籠目編みや鉄線編みなど様々な編み方で作った素朴なかごなどが並ぶ。色彩も豊かで、紙でできているとは思えない高級感がある。

 竹本さんは「スーパーに持っていけるような大きなかごがおすすめ。クラフトテープの魅力を知ってほしい」と話した。

 同営業所のフリースペースで作品展を開くのは今回が初めて。担当者は「今後は多くの人に使ってもらいたい」と、利用希望者を募集している。問い合わせは太陽住宅の中村さん=電話0532(46)8827=へ。

2017/09/07 のニュース

ずらりと並ぶかごやバッグ(太陽住宅豊川営業所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.