元日本代表選手らがPR

豊川でバレーボル教室/NECの地域貢献活動

2017/09/16

 豊川市のスポーツ選手ふれあい指導事業で16日に同市内の小学生を対象にバレーボール教室を開く、日本電気(NEC)のバレーボールチームの元選手らは15日、山脇実市長を表敬訪問した。

 訪れたのは男子バレーボールチーム「NECブルーロケッツ」(休部中)のOBで、元全日本男子代表の大竹秀之さん(50)と、女子チーム「NECレッドロケッツ」(神奈川県川崎市)OGで、元全日本女子代表の白垣里紗さん(26)ら関係者6人。

 バルセロナオリンピックにも出場し、息子の壱青さん(22)が現在、東京オリンピックを目指す全日本代表メンバーに選ばれている大竹さんは、教室について「楽しい思い出を作って、今後の継続につなげてほしい」と話し、Vプレミアリーグの優勝を経験し、昨年引退したばかりの白垣さんは「バレーが楽しいと思ってもらい、友達を作っていってほしい」と期待した。

 同社では2009年から、地域貢献を目的にバレーやラグビーの教室を開催。

 今回は、市農業トレーニングセンターで約70人が指導を受ける。

2017/09/16 のニュース

左から大竹さん、山脇市長、白垣さん

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.