GIヤングダービー開幕

24日までボートレース蒲郡/セレモニーで52選手が意気込み

2017/09/20

 30歳未満の若手選手が出場するレース「プレミアムGI第4回ヤングダービー」が19日、蒲郡市のボートレース蒲郡で開幕した。オープニングセレモニーでは、52選手が登場してレースへの意気込みを披露した。レースは24日まで開かれる。

 セレモニーでは、全選手がひとりずつ登場して「ベストを尽くす」「応援よろしくお願いします」などと集まったファンに呼びかけた。選手代表として、地元愛知県出身の佐藤博亮選手が「熱いレースを提供することを約束します」と述べた。

 若手選手がレースを展開する「ヤングダービー」は4回目。ボートレース蒲郡では初開催で、期間中の6日間に約60億円の売り上げを目標としている。

 蒲郡市は22日の正午から、競艇場3階に「健康チェックコーナー」を設置。会場では視力と握力、血圧を測定するコーナーを設ける。市健康推進課の保健師と管理栄養士が、特定健診とがん検診の受診を勧める。先着100人には、ヤングダービーのマフラータオルを贈呈する。

2017/09/20 のニュース

選手代表として意気込みを語る地元出身の佐藤博亮選手(ボートレース蒲郡で)

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.