いなりんが「BABY IN CAR」

スイングポップ初作製/シティセールス推進期待も乗せて/交通安全啓発で豊川市

2017/09/21

 豊川市は、豊川いなり寿司(ずし)のイメージキャラクターいなりんをデザインした交通安全啓発グッズ、「BABY IN CAR」スイングポップを初めて作製。本年度子供が生まれた世帯に10月2日から配布する。交通安全啓発とシティセールスの推進が狙い。

 「赤ちゃんいなりん」などを描いて、赤ちゃんが乗っていることを示した車用のグッズ。リアガラスに吸盤で貼りつけ、後続車に安全運転を促し、親自身が安全を心がける心も養う。また「豊川市」を強調することで、子育て世代に市への愛着を持ってもらい、グッズを付けて県外などに出かけてもらうことによるシティセールスも期待する。

 対象は今年4月以降に出産した世帯。市外在住者を含め同市で出生届を提出したか、同市に住所があるが他の市町村で出生届を出した人。

 10月以降に出産する人は、出生届提出時にもらえる。10月2日以前の出産の場合で、希望する世帯は、母子手帳を秘書課に持参して受け取る。問い合わせは市秘書課=電話0533(89)2121=へ。

2017/09/21 のニュース

いなりんのスイングポップ(豊川市提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.