約100点の生き物 表現豊かに

桜ヶ丘ミュージアムで豊川の藤原さん15日まで創作竹細工展

2017/10/12

 豊川市の会社顧問・藤原銀次郎さん(72)による「創作竹細工展」が、豊川市桜ヶ丘ミュージアムで開かれている。15日まで。

 藤原さんが手筒花火の端材を使って4年前から作っている様々な動物に、今年は新作の昆虫を加え、合わせて約100点を並べた。

 太さの違う材料などをうまく使って、ユーモラスな生き物の形や特徴を表現。バーナーで焼いて模様を入れたり、様々な種類のビー玉で目を作ったりと、工夫がされている。テントウムシやバッタ、カマキリなどが楽器を演奏している昆虫楽団など目を引く。

 藤原さんは「楽しく作っている。子供たちに感動してもらえたらうれしい」と話した。

2017/10/12 のニュース

ユーモラスな昆虫楽団(桜ヶ丘ミュージアムで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.