今年も各地の逸品ぞろい

お歳暮ギフトセンター開設/ほの国百貨店で年末商戦本格化

2017/11/17

 豊橋市駅前大通2のほの国百貨店では、年末商戦が本格化している。16日にはお歳暮ギフトセンターを9階に開設。お歳暮を皮切りに、クリスマス、年越しへと続く最も重要な時期を迎えて、店舗を挙げて気合が入っている。

 お歳暮ギフトセンターの今年のテーマは「包みと一緒にほどける笑顔」。センターの開設を前に神事と出陣式が執り行われ、林恭吾社長は「お歳暮は、お世話になった人へ贈るものから、最近では自分へのプレゼントとする需要も増えてきている。常に時代の変化を読み取り、目標予算の達成に向けてがんばりましょう」と社員へ呼びかけた。営業2部門の代表社員による決意表明のあと、全員で「がんばろう!」を三唱し、勢いをつけた。

 センターは12月26日までの41日間開設。目標予算は前年比3・3%増の1億7590万円。「バイヤーズセレクション」コーナーでは全国的に人気の海鮮詰め合わせやだしセットなど5店の自慢の品をチョイス。各地の名産品や名店の逸品がそろう「産地直送美味だより」コーナーや東三河の味覚を厳選した「東三河わが郷土グルメ」コーナーも人気。

 「迎春特集」には、年末年始を家族で豪華に楽しめる牛肉やカニのセットなどが昨年を上回る品数でそろう。

 地下1階特設会場にて、クリスマスケーキとおせち料理の予約も承り中。クリスマスケーキの予約は12月16日まで、おせち料理は同23日まで。数量限定品あり。

2017/11/17 のニュース

出陣式で気合を入れる社員ら(ほの国百貨店9階お歳暮ギフトセンターで)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.