豊橋市チーム最終調整

きょう愛知駅伝/初の豊橋市代表東出が意気込み/「高い目標持って挑戦」

2017/12/02

 長久手市の愛・地球博記念公園で開かれる愛知万博メモリアル第12回愛知県市町村対抗駅伝競走大会(愛知駅伝)を翌日に控えた豊橋市チームは1日、同市八町小学校で合同練習を行い、コンディションの調整とチーム連係を高めた。

 出場選手たちが顔を揃えた練習では、石場治HCが「ベストな状態で本番を迎えられるように」と疲労を残さないように軽い走りでタイム計測を行った。

 この日、チームに合流した7区を走る東出早紀子(日本郵政)は、本番に向けて「ベストな状態で自分にできることをやるだけ。初めての豊橋市代表で初のコースになるが、期待の方が大きくワクワクしている」と話した。普段は、日本郵政でトップレベルの選手たちと一緒に練習している。「高い目標を持って挑戦したい」と意気込んだ。

 54チームが9区間28・7キロで優勝を争う愛知駅伝は、2日午後0時35分に号砲が鳴る。

2017/12/02 のニュース

東出早紀子が自身初の豊橋市代表として愛知駅伝に挑む(豊橋市八町小学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.