中学生考案の給食献立登場

山脇市長と児童が味わう/給食試食懇談会で机を並べ交流も/豊川市

2018/01/25

 全国学校給食週間(1月24~30日)に合わせて24日、豊川市東部小学校(竹田寛校長)で、市長や教育長らを招いた給食試食懇談会が開かれた。市内の中学生が考案した献立を児童と一緒に味わい、交流した。

 この日のメニューは、昨年の献立コンクールで最優秀賞を受賞した「とよか和ポトフ」がメーン。豊川産の青じそや県内産の野菜、ウズラ卵などを使った栄養満点の煮込み料理だ。

 山脇実市長は3年1組(33人)の教室に招かれ「しっかり食べて元気に学校に通えるようになって。いろいろ話をして皆さんの生活に役立てるよう勉強したい」とあいさつ。児童と机を並べ、和気あいあいと雑談をしながら食べた。

 市長の向かいの席だった鈴木杏輔君(8)は「緊張したけれど、話ができて楽しかった。ポトフは、ウズラ卵が特においしかった」と話した。

 市長らによる給食訪問は29年目。給食週間中、市内の小中学校ではコンクールの最優秀賞と優秀賞の全4種類が給食で出される。

2018/01/25 のニュース

一緒に給食を食べる山脇市長と児童たち(豊川市東部小学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.