避難所運営を学ぶ

様々なケースを想定/LC会員が「HUG」/田原

2018/01/30

 東三河地区のライオンズクラブ(LC)は29日、田原市役所で避難所運営ゲーム「HUG(ハグ)」を開催した。各クラブから数人ずつ、計64人が参加し、大規模災害時における避難所運営について学んだ。同地区のFWT(家族および女性チーム)の主催。田原市役所防災局防災対策課協力。

 参加者は、6~7人の班に分かれてHUGを実践。学校の体育館と教室など一部の施設で避難所を開設したという設定で、避難してくる地域住民らに対応するシミュレーションをした。避難者を想定したカードには、持病や障害、妊娠している、ペットを連れている、といった細かな条件が書かれており、班のメンバーでどの避難スペースに配置するかを協議したりした。

 LC同地区でのハグ開催は3回目。参加者らは終始熱心に取り組み、終了後は「難しかった」、「実際にはもっと多くの人が来ると思うとたいへん」などと感想。主催したFWTの塚本人美地区コーディネーターは「災害時への備えの大切さを学び、参加したメンバーが地域のリーダーとなって動いてほしい」と話した。

2018/01/30 のニュース

避難所運営ゲーム「HUG」に取り組むLC会員ら

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.