災害時緊急通行車両の走行訓練

人命救助やライフラインの確保など誘導方法を確認/豊川署

2018/09/01

 豊川署は8月31日、南海トラフ地震を想定した緊急通行車両の走行訓練を行った。人命救助やライフラインの確保などを目的とする車両に対し、標章を交付し、専用路へ誘導する流れを確認した。 訓練は、南海トラフを震源とするマグニチュード9の巨大地震が...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/09/01 のニュース

署員の手信号に従って緊急路の走行訓練を行う参加車両(豊川市諏訪3丁目で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.