鶏料理のコツなどシューマイ作り

中華料理店「道」で親子調理体験

2018/09/01

 豊橋市草間町の中華料理店「道」で8月28日、小学生とその親が調理を体験する催しがあり、5家族15人が参加した。

 食べ物に感謝の気持ちを持ってもらおうと、店主の大竹孝昌さんと関健一郎衆院議員が開いた。

 この日は休業日で、大竹さんは実演しながら鶏を調理する際のコツなどを説明。参加した親子は教わったとおりにシューマイを調理し、大竹さんが腕によりをかけた棒棒鶏(バンバンジー)と一緒に味わった。

 生まれて初めてシューマイを作ったという4年の女子児童は「自分で作ったのでたくさん食べ過ぎた。家に帰って作りたい」と話した。

 大竹さんは「自分が作った料理に子どもは関心を持つ。鶏から見せたのも命をいただいていることを知ってもらいたかったから。冬休みにまたやりたい」と話した。

2018/09/01 のニュース

鶏の調理方法を見学する小学生(関健一郎事務所提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.