台風21号あす東海接近へ

暴風など警戒

2018/09/03

 非常に強い台風21号は2日午後、日本の南の海上を北北西へ進んだ。4日には勢力を維持して愛知県にかなり接近するおそれがある。名古屋地方気象台は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、暴風、高波などに警戒するよう呼び掛けた。

 愛知県では、4日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で100ミリから200ミリの見込み。

 同日は台風の接近に伴い非常に強い風が吹き、海はうねりを伴って猛烈なしけとなるおそれがある。

 気象庁によると、台風は2日午後3時現在、日本の南の海上にあって、中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50㍍、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径130キロ以内では風速25㍍以上の暴風となっている。

2018/09/03 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.