オフィス誘致補助金を新設

市内に初めて進出する企業支援/スピード感をもって対応/補助額は3メニューで最大270万円

2024/04/27

豊橋市はオフィス誘致補助金を創設(市役所)

 豊橋市は、主に大都市部から市内に初めて進出する企業を支援する補助金制度を新たに設け、5月1日から運用を始める。

 新設の同市オフィス誘致補助金では、市外に本社がある企業が市内に支店などを構える場合、オフィスの開設に必要な改修費や家具の購入費を補助率2分の1で最大100万円助成する。オフィスの賃借料や共益費、駐車場使用料は月15万円を最大6カ月間支給。正社員の雇用や転勤に必要な費用を1人最大40万円で2人まで補助する。これら三つのメニューは併用可能で、補助額は最大270万円になる。

 市によると、スタートアップ(新興企業)や中小企業も進出しやすいよう、スピード感を持って支援する体制を整えた。例えば、従来からある製造業などを対象にした制度では、補助金の支給が次年度になるケースもあったという。

 補助金制度の詳細は、市産業政策課のホームページで確認できる。

 同課には、企業からのさまざまな相談に応じる「企業進出コンシェルジュ」という職員が配置されていて、田村亨課長補佐は「気軽に相談してほしい」と呼びかけている。

2024/04/27 のニュース

豊橋市はオフィス誘致補助金を創設(市役所)

有料会員募集

今日の誌面

東海日日新聞社創刊記念「東日旗」

東三河学生就職NAVIリクルーティング

きらり東三河

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP