市長「本格就労の入り口」

「庁内障害者ワークステーション」運用開始/印刷などの事務担当/民間企業への採用後押し/豊橋市

2014/10/10

支援員に教えてもらいながら作業する4人

 豊橋市は庁内から集約した比較的軽めの業務を、臨時職員として雇用した障害者が処理する「庁内障害者ワークステーション」の運用を今月から始めた。「本格就労の入り口」(佐原光一市長)との位置付けで、全国的にも珍しい取り組みだという。 いずれも市内...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2014/10/10 のニュース

支援員に教えてもらいながら作業する4人

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.