園児ら力いっぱい描く

豊川堂本店で15日の(孫の日)まで154点の似顔絵展示

2017/10/06

 本の豊川堂本店(豊橋市呉服町)は、孫の日の15日まで、市内花園幼稚園の園児らが描いたおじいさん・おばあさんの似顔絵154点を店頭に展示している。

 毎年、孫の日キャンペーン(愛知県書店商業組合主催)の一環として同店で行っている催しで、敬老の日に園児たちが描いた絵を、孫の日まで展示する。「孫の絵」展示は、今年で13回目。

 同キャンペーンは、核家族化が進み祖父母と孫との接点が少なくなっている現実を見据え、交流のきっかけにしてほしいと、2004年から愛知県書店商業組合が取り組んでいる、孫の日・読書推進運動。「孫に本を読んであげよう」と呼びかけている。

 豊川堂の高須博久会長は、「祖父母の読み聞かせは、〝孫の心育て〟の手伝いになる」とし、「絵を通して交流が深まればうれしい」と話した。

2017/10/06 のニュース

店頭に展示された「孫の絵」に足をとめる人たち(豊川堂本店で)

有料会員募集

東三河インターシップフェア2017

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.