鉱物の実物展示や魅力紹介

鳳来寺山自然科学博物館冬の特別展

2017/11/09

 新城市鳳来寺山自然科学博物館で冬の特別展「東三河の大地からの恵み展」が開催され、ジオパークをめざす東三河の大地の魅力を伝えている。来年2月28日まで。東三河には、貴重な地形や地質、美しい景観などが数多く見られる。その豊かな自然や歴史、文化遺産を「共通資源」とし、大地の成り立ちと人々の暮らしを結んで新たな価値を創出し活性化につなげようというのが東三河ジオパーク構想。

 同展では、ジオパーク構想に取り組む東三河の大地の魅力を、鉱物や温泉、酒・食の観点で、30枚のパネルと代表する鉱物の実物展示などで紹介している。

 パネルでは、東三河各地の温泉、豊橋カレーうどん、蒲郡みかん、ジビエなどの食、中宇利石、ざくろ石、金などの鉱物を紹介している。

 東栄町の粟代(あわしろ)鉱山で発掘しているセリサイトは、高純度で不純物が少ないため世界中の化粧品メーカーに使われている。同展では実際にセリサイトに触って感触を確かめることができる。入館料は大人210円、中学生以下100円。火曜休館。問い合わせは、同館=電話0536(35)1001=へ

2017/11/09 のニュース

パネルと鉱物が展示された展示室(新城市鳳来寺山自然科学博物館で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.